Mariko Kinoshita

書家 Calligrapher

Name

Mariko Kinoshita 木下 真理子

プロフィール

書家/日本文化研究

雅号は秀翠。
中国・日本で古来、受け継がれている伝統文化としての書を探求。篆書、隷書、草書、行書、楷書の五書体を書き分ける。
専門分野は漢字(木簡隷の研究)であるが、女性としての感性を生かして漢字仮名交じり(調和体)の書にも積極的に取り組んでいる。

6歳より祖父の影響で書を始め、より専門的な知識と高度な技術を習得する為に、書道の研究では第一線として知られる大東文化大学に進学。そこで戦後の日本書道界を牽引した、故 青山杉雨(文化勲章受章)の継承者である髙木聖雨氏に師事。
大学卒業後は日本を代表する書展で作品を発表し、数々の賞を受賞。『国際女性筆墨展』(参加国:中国、台湾、韓国、日本、シンガポール、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ等)では、日本代表の女流書家として選出された。

日本初の国立三大博物館巡回展『誕生!中国文明』(’10年)をはじめ、宮内庁・奈良国立博物館主催の『第64回正倉院展』(’12年)における同展初となる書家によるテーマ題字、映画『利休にたずねよ』タイトル及び劇中題字、NHK『にっぽんプレミアム』(’15年)年間キャンペーン題字等、数々の題字を手掛けている。
またタイ王国にてシリントン王女御前揮毫、メジャーリーグ開幕戦では5万人の前での席上揮毫を行った。
近年の海外における「日本の書」の普及活動により、『VOGUE』(伊)誌で、各分野で活躍する世界の「Excellent people」の一人として紹介された。

近況

・KENPOKU ART 2016
・おとなの投資倶楽部(東海東京証券)「新漢字コンテスト」監修
・日経ビジネス(日経BP社)「和道」に出演
 ゲスト:稲坂良弘さん(香道)
・木曜時代劇 まんまこと(NHK総合)DVD発売
・DBU(大東文化大学)に出演
・にっぽんプレミアム(NHK BS)キャンペーン冬編 題字揮毫、監修 
・書法と美の着眼(全30回予定)スタート
・本格書道 よみうりカルチャー 講座企画賞受賞
・にっぽんプレミアム(NHK BS)キャンペーン秋編 題字揮毫
・慶應大学 経済学部 PEARL スローガン 題字揮毫
 カンヌ・ライオンズ2015 SILVER! 360° Brand Identity Experience
・遺言 日本の未来へ(日経BP社)表紙 題字揮毫
・CREA(文藝春秋)寄稿
・木曜時代劇 まんまこと(NHK総合)題字揮毫
・日経ビジネス(日経BP社)連載「和道」スタート
 ゲスト:川瀬敏郎さん(花道)
・ミラノ万博 日本館にて席上揮毫
・にっぽんプレミアム(NHK BS)キャンペーン夏編 題字揮毫
・花椿「Woman」展 資生堂本社2Fにて開催
・HOLIDAY MAGAZINE Paris(Holiday Deluxe)に出演
・世界文化遺産 姫路城/平成の大修理 完成記念 題字揮毫
・DRESS(gift)特設サイトに出演
・にっぽんプレミアム(NHK BS)キャンペーン春編 題字揮毫
・FENDI 創業90周年 日本上陸50周年 キャンペーン 題字揮毫
・淡路島 花博2015~御食国シンポジウム~に出演
・浪漫ペン字練習ノート(読売新聞社 特典非売品)監修
・SAVANNA HOT-LINE トークショーに出演
・日経ビジネス(日経BP社)「善い会社」表紙 題字揮毫

’ 14~’11

・読売新聞 家庭版 特集「美しい文字」監修
・読売新聞“正倉院展”関連 寄稿 
・日経ウーマン オンライン(日経BP社)に出演
・神楽坂プロジェクト キャンペーン 題字揮毫 
・TOKYO PHOTO 出展コラボ作品 
・info Biz THAILAND (Nippon info B Co., Ltd.)に出演
・読売巨人軍創設80周年 記念スローガン 題字揮毫
・sanilavo(SARAYA Europe)ブランドロゴ 題字揮毫
・利休にたずねよ(東映)DVD・Blu-ray発売
・Panasonic 最先端4K TV・VIERA PVに出演
・天地雷動(KADOKAWA)題字揮毫
・婦人画報(ハースト婦人画報社)に出演
・ミセス(文化出版局)特集ページ巻頭に出演
・日経ビジネス別冊 仕事に効く禅(日経BP社)書作品掲載 10P 
・九十九(森田修平監督)タイトル・劇中字 題字揮毫
 第86回米アカデミー賞 短編 アニメ部門ノミネート!
・伊弉諾神宮(創祀の起源・日本最古の神社)書の奉納の儀
・利休にたずねよ(東映正月映画)タイトル&劇中字 題字揮毫 
 モントリオール世界映画祭 最優秀芸術貢献賞!
・婦人画報(ハースト婦人画報社)書作品掲載
・日経ビジネス(日経BP社)「禅と経営」表紙 題字揮毫
・with(講談社)に出演
・京都ヒストリカ国際映画祭 開会式に出席
  田中光敏監督、山本兼一氏(直木賞作家)とトークショーに出演
・京都府 府庁(重要文化財)にて公開揮毫
  朝日新聞、読売新聞、産経新聞、京都新聞に記事掲載
  NHK、KBS京都 ニュースで放送
・伝統工芸とデザインがつくるみらい(自由大学主催)
 講演会、シンポジウムに出演
・日本の美しい文字プロジェクト(国際交流基金主催)モンゴル国で実施
・利休にたずねよ(東映)「おもてなし試写会」作品提供
・雅人深致(丸ビルイベント)題字揮毫、トークショーに出演 
・日経おとなのOFF(日経BP社)「おとなの漢字講座」表紙 題字揮毫
・ELLE DECOR(ハースト婦人画報社)に出演
・ミセス(文化出版局)に出演
・DRESS(gift)に出演 
・全労済 HPに出演
・伊勢丹本店 ポートレート掲出
・L'UOMO VOGUE(The Conde Nast Group)に出演
・SHORT PEACE PROJECT(大友克洋 制作総指揮)
・九十九タイトル及び劇中字 題字揮毫
・ひるおび!(TBS)に出演 
・日経おとなのOFF(日経BP社)連載「おとなの書道塾」スタート
・ドラマ10 激流(NHK総合)タイトル 題字揮毫
・みんなの漢字(朝日新出版社)「和様ペン字」監修、出演
・世界遺産 イタリア・ノートにて席上揮毫
・ELLE JAPON(ハースト婦人画報社)に出演
・CHALiER(東レ不動産)イメージ広告に出演
・Woman on the move(ヨウジヤマモト)に出演
・Meet The New Japan(観光庁主催)にて席上揮毫、ワークショップ
・Asian Muse(CX)に出演
・みんなの漢字(朝日新聞出版社)連載「和様ペン字」スタート
・GINGER(幻冬舎)に出演
・SAMURAI.JP ブランド・ロゴマーク 題字揮毫
・読売新聞 一面+社会面「至宝を語る」に出演
・日経おとなのOFF(日経BP社)に出演
・第64回正倉院展 同展のテーマ題字を書家として初担当
・Lee Cooper(世界88ヵ国で発売)の日本のTHE MAKERS就任
・Arte(フランス国営放送)ドキュメンタリー番組に出演
・花椿(資生堂)に出演
・SONY デジタルカメラ NEX-F3 CMに出演
・苦手な手紙がすらすら書ける本(日経BP社)特集監修・出演
・週刊ポスト(小学館)特集「美しい書家の一筆」巻頭に出演
・チョーヤ梅酒 朝日新聞/読売新聞 広告に出演
・LUMINE リニューアル・キャンペーン 題字揮毫、関連映像出演
・古事記編纂1300年記念事業 キャンペーン 題字揮毫
・マイウェイ12.000キロの真実(日韓中)ジャパンプレミアにて席上揮毫
・I no Press(講談社)「大人の見せ字」監修
・全国法人会 青年の集い(財団法人 全国法人会総連合主催)
 イベント出演、席上揮毫

プロフィール

Mariko Kinoshita

Pen name: Shuusui Kinoshita

Presently employed as a writing manager and calligraphy director.
Kinoshita was influenced into writing at the age of six by her grandfather. Her interest sparked addition studies into technology as she entered the Daito Bunka University, known as the front in research of writing. There she met Sanu Aoyama of cultural studies, a person devoted to Japanese literature research and pupil Takagi Seiu. After graduation, Kinoshita was recognized as the recipient of multiple awards including within writing, calligraphy and cultural awards. As debates continue between China and Japan in regards to the originator of traditional calligraphy, Kinoshita believes that the work of traditional calligraphers belongs to them entirely. Although her specialty is in writing kanji characters, Kinoshita takes advantage of the feminine sensitivity by writing in mixed writing styles. As a participant selected to attend the International Book Fair of 2004 to represent Japan, she has participated in countries such as China, Taiwan, South Korea, Japan, Singapore, France, Italy, Germany and the United States. At the world-wide held fair workshop, Kinoshita’s lesson was titled, ‘Beautiful Character Project Japan.’
Other areas where Kinoshita has been recognized was in the 2008 Major League Opening Game, 2009 Korean International Book fair as well as a book fair in Thailand that was attended by Her Royal Highness Maha Chakri Sirindhorn. The year 2012 will be dedicated to the oldest book historically known of Japan.

[this div will be converted to an iframe]